2012年12月03日

どうぶつしょうぎ攻略

どうぶつしょうぎウォーズ攻略
▲関連記事

Screenshot_2012-12-02-17-37-22.jpg
・タイトル どうぶつしょうぎ
・メーカー G-mode Co., Ltd.
・ダウンロード iTunes GooglePlay
ルールはタイトルの右下にある「あそびかた」に詳しく書いてるので、そちらを参考にしましょう。
どうぶつしょうぎ公式サイトでもルールが画像つきで詳しく書かれています。
http://www.joshi-shogi.com/doubutsushogi/rule.html



ひみつの森の出し方
Screenshot_2012-12-02-17-42-42.jpg

あそびかたの10ページ目にも書いていますが、てごわい森で6つハンコを集めてから同じ森のライオンに勝つとひみつの森へ行くことができます。

意味がちょっとよくわからない方は、全ての敵を倒して(ハンコを全部押して)てごわい森のライオンと勝負して、勝つことが出来たらひみつの森へ招待されます。
ただし、勝った時に、「つぎのあいてとあそぶ」を選ばないとひみつの森へは行けません。

ひみつの森は一回でも負けるとゲームオーバーとなり、ひみつの森を追い出されます。
ひみつの森のライオンと戦うにはてごわい森のライオン〜ひみつの森のニワトリまで9連勝しなければなりません。
初心者にはかなり難易度が高いと思います。

「ひみつの森のライオン」に勝つと「てごわい森のライオン」のハンコが王冠になります。

Screenshot_2012-12-02-17-37-58.jpg




ライオンの駒の重要性
他の駒は取られても負けにはなりませんが、ライオンの駒が取られると即、負けになります。
ライオンを取られないように気を付けましょう。
取られないようにする為には、まずライオンをなるべく動かさないことです。
車もそうですが、調子にのってスピードを出したり、危険な運転をしていると事故ります。
常に敵の駒がこちらのライオンを取れる位置にいないか確認し、ライオンを動かす時は常にそこに動かすと取られたりしないかを確認しましょう。
ライオンはとにかく安全運転で!

しかし逆に言うと相手のライオンを取れば即、勝ちになります。
相手のライオンも常に注目し、こちらの駒で取れる場所に飛び込んできた時はすかさず取りましょう。



駒の価値
駒はひとつひとつ価値が違います。
ひよこ・・・・1
キリン・・・・2
ゾウ・・・・・2
ニワトリ・・・3
ライオン・・・100


数字は仮の数字です。
キリンとゾウは4箇所に動くことが出来るのでひよこよりも価値が高いです。
ひよこは一箇所にしか動くことができないので、一番価値が低い駒です。しかしニワトリになることが出来たらゾウやキリンよりも価値がある駒になります。
ニワトリの凄い所は6箇所も動ける上に、相手に取られたら一番価値の低いひよこに戻ってしまうところです。
ライオンは取られたら即負けですので価値は最大です。
しかも8箇所に動けるので他の駒の後方支援をすると強力です。

つまり価値の低い駒と高い駒を交換すると相当有利になります(ひよこを取らせておいてゾウを取る等)
ただしニワトリはひよこに戻ってしまうのでゾウとキリンで交換すると不利になります。

駒の価値を計算するとどちらが有利で不利かもわかります。

自分
ゾウ、キリン、ニワトリ・・・合計7ポイント

相手
ゾウ、キリン、ひよこ・・・合計5ポイント

この場合はこちらが優勢なのがわかります。
もちろん、例外はありますが(自分のライオンが窮地に立たされてる等)




駒同士の連携
駒を連携させると相手を追い詰めることができるようになりますし、簡単には駒を損しないようになります。

Screenshot_2012-12-03-15-44-55.jpg

赤線で囲っている所はとても理想的な連携です。
ゾウとキリンとライオンがお互いを守りあっています。


Screenshot_2012-12-03-15-46-49.jpg

このように単体で敵に攻撃を仕掛けても一方的に取られて終わりです。
攻撃をする時も駒同士を連携させて仕掛けましょう。




どうぶつしょうぎのほんを読む
書店やネットで売っているどうぶつしょうぎの本を読むと理解が深まります。
終盤で重要な詰め将棋の問題集も載っていておすすめです。




対戦をすればするほど強くなる
やはり地道ですが対戦をすればするほど上達していきます
対戦をして負けた時はどうして負けたのかを考えて、同じミスをしないように努力すると上達が早いです。
コンピューターとの対戦でも上達しますが、人と対戦すると得るものは大きいです。

どうぶつしょうぎ必勝パターンへ続く







ブログパーツ
posted by 田中 at 00:49 | ボードゲーム